国内唯一の大動脈治療専門施設としての自信と責任。

 

大動脈瘤・大動脈解離の専門医療センター

当センターは大動脈瘤・大動脈解離の治療を専門に行っている国内唯一の医療センターです。
すべての大動脈瘤・大動脈解離に対して、また手術困難といわれているハイリスク患者や超高齢者に対する手術も行っています。2003年に国内初の大動脈専門施設として開設以来、大動脈疾患に特化した診療を続けています。

国内最多の診療実績

治療実績、特に手術件数においては国内最多の実績を誇ります。当センターに手術をご依頼される紹介病院は北海道から沖縄まで全国におよび、また全国より患者さんご自身やご家族が大動脈疾患の治療のために来院されます。過去10年間の大動脈診療患者数は約1万5000人、大動脈手術件数は約3000件です。

最高レベルの技術と設備

医師は国内外での豊富な大動脈手術経験をもつ専門医を多数そろえ、大動脈診療に精通した専属の看護師・臨床工学技士・理学療法士と共に、最高レベルの大動脈診療を実践しています。また、2012年に新築移転した新病院では、世界でも類を見ない規模の大動脈専用手術室および大動脈専用集中治療室を備えた大動脈疾患専用の病棟フロアーで、患者さんの診療を行っています。

川崎大動脈センターMAP

 

手術実績

これまでの手術実績(手術件数)、都道府県別の患者数、患者さんの体験談などをまとめています。

手術実績 イメージ
 

診療の流れ

 

名医が明かす正しい病院の選び方

病院を選ぶ際に参考にしていただきたい
指針を示しました

 

メディアでの紹介

TVや書籍・雑誌等で紹介された川崎大動脈センターがご覧いただけます。

メディアでの紹介 イメージ
 

川崎大動脈センター Q&A

大動脈瘤大動脈とは、全身に血液を送る大血管のことです。大動脈瘤とはこの大動脈の一部が「瘤」=「こぶ」のように膨らんでしまう病気で、腹部にできる腹部大動脈瘤、胸部にできる胸部大動脈瘤、胸部から腹部にまたがってできる胸腹部大動脈瘤などがあります。この瘤はある一定の大きさ(5~6cmといわれています)になると血管が破裂する可能性が増大します。動脈が破裂すると体内に大出血をおこし、手術をおこなっても救命することが困難になります。

大動脈瘤解離大動脈の壁は内膜、中膜、外膜と三層構造になっています。血管壁の内側の膜に亀裂ができ、内側と外側の膜の間に血液が流れ込んだ結果、血管を2重構造にしてしまう病気です。大動脈に解離がおこると、臓器の血流障害(虚血)が起こり、致死的な合併症を引きおこし、高い死亡率を呈します。